PITNAVI CONTENTS

PITNAVI CONTENTS

PITNAVI CONTENTS







日本のドラッグレースシーンを牽引するJDDAのドラッグバトルをフィーチャー!
本イベントのイチ押しカテゴリーが 『リアクションキング決定戦』 と銘打った、スタート時の反応タイムのみを競う、お楽しみコンテンツ。通常は掲示される「スリーアンバーランプ」を隠して、経験と勘を頼りにスタートするというもの。ミニバンでもオートマチック車でもどんなクルマでも参加できるし、ナント!! 車検証の乗車定員まで同乗走行ができるからファミリーでの参加もオススメだ。コチラはたったの1000円で参加可能で、ヘルメットもレーシングスーツもいらない。さらに豪華商品も用意されているので家族みんなで楽しめるゾ!

そして今年は1/4マイルの半分、660フィート(約201m)で開催されることになったJDDAのドラッグバトル。クラス分けは以下のように細分化されているので、入賞のチャンスも多い。このように、本格的なドラッグレースを楽しんでみたい! ってキミだけでなく、見学ついでに『リアクションタイム王決定戦』に出てみようかな? なんてのもアリなんだゼ!!

JDDA オフィシャルサイト
仙台ハイランド オフィシャルサイト
2012年度 クラス分け詳細
4secクラス
PRO DRAG相当
1/4mail参考タイム 7秒台
5secクラス
PRO GT-R 相当
1/4mail参考タイム 8秒~8.5秒台
5.5secクラス
PRO COMP相当
1/4mail参考タイム 8.5秒~9秒台
6secクラス
EXPERT相当
1/4mail参考タイム 9.5秒台
6.5secクラス
OPEN10相当
1/4mail参考タイム 10秒台
7secクラス
OPEN11相当
1/4mail参考タイム 11秒台
8secクラス
OPEN12/OPEN13相当
1/4mail参考タイム 12秒~13秒台






通常のクリスマスツリーがコレ
リアクションキング決定戦用に「スリーアンバー」を隠して準備完了!
手前のGT-Rがガレージザウルスの林とっくり号。対戦するのはオデッセィだ。
百戦錬磨のとっくりさんのタイムは「1秒037」で、まさかの11位に・・・。





通常ドラッグコースでは見ることのない日米ミニバン対決!
本戦出場のドラッグマシンvs街乗りベンツ!
今回は「あきたこまち」をメインとした、家庭にウレシイ豪華賞品が盛り沢山!!
並居る強豪を抑え、見事初代チャンピオンに輝いたのは免許取得1ヶ月の18歳、田生大季くん。マシンはオフィシャルカーを借りての快挙(笑) タイムは本場アメリカでも通用する『0秒530』!! 商品のあきたこまち30kgをゲット!!





































.