PITNAVI CONTENTS

PITNAVI CONTENTS

PITNAVI CONTENTS







OPTION2 2011年8月号に続いて、新しい4ローターエンジンの情報をお届けするぞ!
9月号で紹介しているのは、スクートが製作した4ローターエンジン。スクートと4ローターと言えば、7年前の東京オートサロン2004でお披露目された12Aベースのエンジンが記憶にある読者もいるだろう。しかし、12Aのパーツが入手困難となり、さらに車検取得の困難さなども加わって製作が頓挫してしまっていたのだが、スクートの小関さんはあきらめてはいなかったのだ!

今回ついに完成したエンジンはRX-7などに搭載されている13Bをベースに製作。以前はペリフェラルポートで製作が進められていたが、今回は実用性と耐久性が高いサイドポート仕様となった。
まだ完成したばかりで、これから熟成が進んでいく段階のこの4ローターエンジン。そう遠くない将来には乾いた高周波サウンドを響かせてくれることだろう。

SCOOT 4ローターエンジン搭載 RX-7のストリート試乗!!

ベースとなっているのはFD3Sなどに搭載される13Bエンジン。エキセントリックシャフトは鍛造3ピースのオリジナル品で、ローターには高圧縮のRX8用を使用している。
以前に製作した12Aベースの4ローターエンジンと比較すると、エンジン全長は40mm伸びて900mmとなった。フロントミッドにエンジンを搭載するというこだわりを持つ小関さんはこの違いを重要視して、かつては12Aをベースに選んだそうだ。
今後は公認車検を取得して、公道で堂々と走ることができる4ローターエンジンを市販することを目指していく。

YouTubeではこのムービーの高画質版を配信中!! →YouTubeで見る


.